gototopgototop
 

ART BOX international

竹内けい子

 

アメリカユタ州で生まれ、東京で育つ
東京造形大学デザイン学科映像専攻卒業
広告制作会社に勤務の後1993年よりフリー、現在に至る
1985年 早稲田212F°にて個展
商品撮影一般と、食、住、旅、などライフスタイルに関わる
広告や出版の分野で活動

h6432 145


写真の魅力

 高校のときから、モノクロ写真を撮り始めました。写真は、コレクションのようにどんどんたまっていくような感じがとても好きです。人物よりも植物、風 景、食べ物などに惹かれます。今日は「撮るぞ」と思いながら、普段とは異なる写真を撮る「目」を持って撮っています。写真の魅力は、こうして撮るとどんな 風に写るんだろうと懐中電灯で照らしたり、布を後ろに広げてみたり実験をしながら、仕上がった時の今までに見たことのない写真に出会った時です。

制作について

 4×5で撮っていた仕事がデジタルに切り替わることになって、まるまる100枚のフィルムが残りました。そのまま冷蔵庫で期限を迎えるのがもったいなかったので、花屋やスーパーマーケットの片隅で見つけた植物(的な物も含む)、撮影小道具として使った花などをモチーフに、久しぶりに個人的な写真を撮り 始めました。順調に行けば33カットの作品が残るはずでしたが、そうはうまく運ばずに、4×5のストックが終わった後はブローニー、そしてデジタルへと記 録媒体は変わっても撮影は続き、今に至っています。

今後の活動展開

 大自然より、人間の手が加わった物や風景に興味が向くので、基本的にモチーフには、野生の植物ではなく、あくまでも観賞用の、ヒトに見られることを目的とした花や植物を選んでいます。それはつまり、出会った時から既に命の秒読みが始まっているもの、という意味合いも含んでいます。写真の良さは残すことにあると思っているので、私にとっては、撮影することで命あるものの二度と再現できない状態を封じ込めて、コレクションしているようなものなのだと思います。今回の展示作品は、ほとんど自分のための習作として撮り始めたもので、バックは黒か白(後になって飽きたので撤回)、イメージをちょっと裏切る、という決まりを作りました。習作といっても、実際に仕事に役立っているかどうかは疑問だが、ひとつずつコレクションを増やす感覚で、これからもひとつひとつ遅々とした歩みながら制作を続けて行きたいと思います。

エージェント Pick up

エージェント実績Newsへ

版画ギャラリー Pick up


木田安彦 Kida Yasuhiko


川西祐三郎 Kawanishi Yuzaburo


小林敬生 Kobayashi Keisei

版画オンラインショップへ!

ART BOX ドール新人賞

ドール新人賞バナー

出版サポートのお問い合わせ

shuppan support banner02


CreditCardLogoM2段
You are here  インタビュー   >> 写 真 家 >> 竹内けい子