gototopgototop
 

ART BOX international

 安藤 毅

1970 茨城県水戸市出身
1990 この頃、写真に目覚める
1993 撮影スタジオのアートセンターにて、
    スタジオアシスタント始動
2000 白鳥真太郎氏、設楽茂男氏に師事後独立
2007 安藤毅事務所にて無計画写真展

h6433 145


思い立った時に

 いつでもどこでもカメラを持ち歩き、思い立った時、写真を撮っています。被写体を求めてはいませんが、興味のある面白いなと思うことがあれば撮っています。子供のころから、写真を撮るのが好きでした。みんなが撮るような所は撮らずにバスの外の景色などを撮ったり、そんなところから今に至るのかもしれません。

写真を撮ること

 私の目の前には、<写真>という穴が開いています。地下道のように表面で繋がっている穴もあれば、単独でドカーンとあいた穴もあります。写真は、穴の向こうの世界の使者がよこしたLetterのようです。でも、実際は、向こうの世界なんてないんです。ただあるのは、そことここのギャップであって、そのギャップを埋める為、または、明らかにするために写真を撮り続けるだけなのです。そして、現像された写真は、明るく世界を映すものであって欲しいと思うものです。その為にはやはり、もっと穴に潜らなくてはならないようです。<写真>という穴を拾い上げて、そのまま空中に放り投げること。それが私の写真でやりたい事です。穴に見えていた写真を、フレームで切り刻まれた緊張感から少しだけ開放させてみることなのです。

写真での表現

 カメラを撮るその人にしか見えていない世界があります。同じ場所で同じように撮ったとしても同じように写らない事が写真の面白いところだと思います。また写真を撮る時は、対象物を記号化して見ています。

今後の活動展開

 以前世田谷ものづくり学校にて展覧会をした時とは違った展示となりとてもよい経験となりました。現在も雑誌、広告などを撮影していくことには変わりはあ りませんが、この展覧会で面白いといってくださった方も多く、これからも展覧会をしたいと思います。写真を撮ることが好きなのでこれからもずっとそのこと は変わらないと思います。

エージェント Pick up

エージェント実績Newsへ

版画ギャラリー Pick up


木田安彦 Kida Yasuhiko


川西祐三郎 Kawanishi Yuzaburo


小林敬生 Kobayashi Keisei

版画オンラインショップへ!

ART BOX ドール新人賞

ドール新人賞バナー

出版サポートのお問い合わせ

shuppan support banner02


CreditCardLogoM2段