gototopgototop
 

ART BOX international

 

 

角田 みどり

1977年 東京生まれ
2000年 上智大学外国語学部ロシア語科卒業
2002年 宮原夢画氏に師事
2004年 独立


カメラとの出会い

 カメラマンになろうと思ったきっかけは、大学に入学してから、「何か」を表現していきたいと思っていました。そのころは、カメラの勉強をしていたわけではなく、友人、風景などを撮り始めました。シャッターを押すだけでなく、その一瞬を「絵画」のように作品として捉えていました。一度は企業に就職したものの、「何か」を表現したいという思いが、カメラマンへの道を選んだきっかけです。 

制作テーマ

 写真は“撮る”と表現しますが、絵を描くような感覚に似ています。写真を絵画のような感覚で、思い入れのある作品を展示しました。写真を絵画のような感覚で鑑賞して、写真の可能性を皆様に感じて楽しんでもらえればと考えました。 

写真を作品として捉えること

 絵画とは違って興味深い点は、実際の光やひとの表情や形を使って、絵を描いているところです。写真界にも様々な流行や、銀塩、アナログの衰退、デジタルの普及、進化、色々議論はあると思いますが、それぞれの良いところが融合しあって、良い方向に進化していけば、という思いも込めています。 

今後の活動展開

 今回の展覧会では、とても楽しく、とても勉強になりました。これらの作品の数々は、一人だけで創り上げてきたので はなく、皆の力により完成された作品です。これからも固定観念から抜けて、チャレンジを続けていきたいと思います。 これからも、「作品」としてみせていきたいと思います。 

エージェント Pick up

エージェント実績Newsへ

版画ギャラリー Pick up


木田安彦 Kida Yasuhiko


川西祐三郎 Kawanishi Yuzaburo


小林敬生 Kobayashi Keisei

版画オンラインショップへ!

ART BOX ドール新人賞

ドール新人賞バナー

出版サポートのお問い合わせ

shuppan support banner02


CreditCardLogoM2段
You are here  インタビュー   >> 写 真 家 >> 角田みどり